猫背を直したい

恥ずかしい

ガルパン全然知らないのに大洗に行った2

くそけちな私は特急を使わず、気絶しそうな時間を常磐線に揺られやっとのことで水戸駅に辿り着いた。

到着した下り常磐線ホームからは、大洗行きの電車が待つホームにいかにもオタクな方々が歩き回っているのが見える。電車はガルパンのキャラクターの美少女がちりばめられたラッピング電車だ。

 

ちなみに私のガルパンの知識は、戦車で戦うことと主人公が「にしずみどの」と呼ばれていることを知っているだけであるが、どの子が「にしずみどの」なのか分からないレベルだ。それと、二次元の美少女については多少教養があり普段からアニメーションの作画にうるさいキモ・オタクなので、イラストの画風については同じアニメなのか否かぐらいなら見分けることができる。あと鉄道の知識に関しては「電車」と「気動車」の区別は出来るが、とりあえず全部「電車」と呼んでしまうレベルなので、結構ブルブルいっていた気がする私が乗った車両がもしかすると電車でないのならばキモ鉄オタクをイラつかせてしまうかもしれない。

 

私はオタクの知識はほとんど無いが、見た目は図体がでかく猫背気味でシマシマシャツと寸足らずズボンを履き瓶ゾコ眼鏡をかけたキモオタクだ。というわけで、ホームに降り立った瞬間から、見た目だけは大洗行きの電車の周りを闊歩するキモオタクの面々の仲間となる。
f:id:sho3222:20170709200825j:image

f:id:sho3222:20170709200817j:image

 

 

水戸から大洗までの鹿島臨港線は、何故か田んぼの真ん中を走っているのにも関わらず延々と高架だった。

田んぼなんて土地の買収も簡単そうだし踏みきりがあったところで交通渋滞も巻き起こさなそうなのに、何故あえて建設費がかかる高架…と思い後で鉄オタクに訪ねてみたところ、ここは国鉄が作ろうとしたか作りかけたかの路線の第三セクターであるのと、道交法の兼ね合いで新たに踏みきりを作れなかったとからしい。へー。

 

終点の大洗駅につくと、オタク達がドドドドと電車を降りていく。有人改札はコミック・マーケットの人気サークル張りの行列だったので、待つのが嫌いな私はとりあえず、これまた混んだ男子便所を横目に一人も先客がいない女子便所にこもりうんちした。

事を成して便所から出ると、先程まで湿度を何十パーセントも上げていたキモオタクの大群が消え失せている。構内の案内所にも駅前にも一人もいない。待合所にはくたびれたジジババが何人か座っているだけであった。ただ私のトイレが長かっただけなのかもしれないが、神隠しでも起こったのかと一瞬不安になってしまった。


f:id:sho3222:20170709202537j:image

 

とりあえず駅の中のガルパンまみれの案内所で大洗の地図を貰った。案内所のおばちゃんが、私に一瞥くれただけでずっと無言だったのは少し怖かった。ハートフルではない洗礼を受けてしまったものだなあとしょんぼりした気分になる。

 

駅前の大通りである。誰もいない、何の店もない。
f:id:sho3222:20170709203139j:image

めんたいパークで朝食を食べ、帰りは那珂湊から帰ろうということ以外何も決めず、めんたいパークと那珂湊駅の場所以外何も調べずに来てしまったのだが、ここまで駅前に何も無いとは思わず少し不安な気分になった。しかし今回は市街地は駅と少し離れた場所にあるパターンだと信じて、とりあえずめんたいパークに向かった。

 

めんたいパークまでの道も何も無い。オタクっぽい人が遠くに一人だけ見えるがそれ以外は誰もいない。
f:id:sho3222:20170709203426j:image

後で分かったが、オタクが集うイベント会場や物販会場はめんたいパークと少し違う方向にあったらしい。それで誰もいなかったのかと納得した。

 

 

何の変哲もないお店もガルパンのポスターやのぼりを立てて応援していた。ガルパン、愛されている。
f:id:sho3222:20170709203633j:image

 
f:id:sho3222:20170709203848j:image


 

これはガルパンと微塵も関係ないバス停の「エコス前」。
f:id:sho3222:20170709203725j:image

エコスの前だから「エコス前」。田舎のバス停のネーミングはたまに面白いから好き。

 

 

なんかいい感じの八百屋
f:id:sho3222:20170709203942j:image

これも後から分かったが、この八百屋の前の道が聖地巡礼としてのメインストリートらしい。

 

 

ジリジリ太陽の光が刺してくるコンクリートロードをひたすらあるいて海沿いまで出ると、松が植わった涼しくていい感じの遊歩道が…
f:id:sho3222:20170709204140j:image

と、和んでいたら第1~4のオタク村人発見である。

全身真っ黒の男二人組、時折恐怖を感じるレベルの奇声を上げる男二人組、日本語がうまくしゃべれない三人組、きれい目女子の二人組だ。みんなガルパンの袋を持っていた。お土産だろうか。とりあえず奇声を発している男達が大変怖すぎたので、距離をとった。

 

オタク達の流れに乗って松ロードを少し歩くとめんたいパークに到着した。オタク達は一部は役所方面へ、一部はその先へと歩いていった。
f:id:sho3222:20170709204558j:image

 

めんたいにぎり、デカい。
f:id:sho3222:20170709204756j:image
f:id:sho3222:20170709204819j:image

おばちゃん達がその場で握った出来立てで、とても美味しかった。

  

~次につづく~